仕事と育児を両立させたい女性へのアドバイス

結婚しても仕事をしていきたいと考える女性にとって、仕事と育児の両立は大きな悩みになります。男女平等と言われるようになったとはいえ、育児をする上では女性が中心にならざるを得ません。ただ、女性が仕事と育児を両立する方法も増えているので、家庭の事情や自分の希望に合った方法を選べばうまく子供を育てながら仕事にも力を注いでいくことができるでしょう。中には、無理をしながら仕事と育児をこなそうとする女性もいますが、それは長い目で見て大変リスクがあります。ストレスが蓄積してしまうと、いつか爆発してしまい、心身双方に不調を起こしてしまいます。小さな不調が大きな病気に繋がることもあるため、きつい時は周囲に頼り、自身のことはしっかり守ることが大切です。
女性が仕事と育児を両立させたいと思ったとき、頼る方法として主な選択肢が4つあります。1つ目は子供を保育園に預ける方法です。地域によっては保育園を利用しやすいので、まず検討してみることをおすすめします。2つ目はパートナーの協力を得て育児を手伝ってもらう方法です。パートナーの理解が十分にあれば夫婦揃って子育てができる方法なので理想的でしょう。3つ目はベビーシッターに依頼する方法です。特に、人口が集中している都市部では保育園は混み合っており預けられない場合が多いです。そんな時、ベビーシッターを雇えば自宅で面倒を見てもらえます。ベビーシッターは家事代行サービスの延長線上で行われていることも多いので検討してみましょう。4つ目の選択肢は親に協力を求める方法です。夫婦どちらの親でも構わないので相談してみましょう。親に面倒を見てもらえるなら安心であり、祖父母との関係も良くなるという観点からも子どもにとって良い方法だといえます。